記事一覧

遺言の方法

遺言の方法には通常以下の3つがあります。
(1)自筆証書遺言
遺言者が自分で遺言の全文・日付を自書し、署名、押印する方法です。
立会人や証人の必要がなく、費用がかからない等のメリットがあります。
(2)公正証書遺言
遺言者本人の口述にしたがって、公証人が遺言書を作成する方法です。
二人以上の証人が必要であるが、適法に遺言が作成できます。
(3)秘密証書遺言
遺言の存在を明白にしながら、その内容を秘密にして遺言書を作る方法です。
公証人一人と二人以上の証人が必要ですが、変造を防止したり秘密を保つことができます。

トラックバック一覧

コメント一覧