記事一覧

法定相続分

法定相続ではそれぞれ次のように相続分が定められています。

配偶者と子が相続人のときそれぞれの2分の1(子が数人いるときは2分の1額を平等に分ける)
配偶者と直系尊属が相続人のとき配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1
配偶者と兄弟姉妹が相続人のとき配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1(兄弟姉妹が数人いるときは4分の1の額を平等に分ける)

トラックバック一覧

コメント一覧