記事一覧

防火地域と準防火地域

市街化地域の防災を図るために防火地域準防火地域が定められていて、建物の構造や規模が規制されています。
防火地域
1.階数3以上または延面積が1002を超える場合
  耐火建築物
2.その他の建物
  耐火または準耐火建築物
準防火地域
1.階数4(地階除く)以上延面積1500m2超の場合
  耐火建築物
2.延面積が500m2~1,500m2以下の建物
  耐火または準耐火建築物
3.階数3(地階除く)の場合
  耐火または準耐火建築物
4.木造の建築物
  耐火または準耐火建築物

トラックバック一覧

コメント一覧