記事一覧

耐震基準とは

建物の地震に対する安全性を確認するための基準です。
1981年に改正された〔新耐震基準〕をクリアできない建物は建築が認められません。
新耐震基準は、よく起きる強さの地震では建物の被害が軽くすむことを想定し、100年に1度程度の強い地震の場合には、建物にある程度の被害がでても、建物の倒壊などにより建物の中や周辺にいる人達に被害がでないようにすることを目標にしています。

トラックバック一覧

コメント一覧