記事一覧

賃貸契約のトラブル回避策(2)--外国人入居者との契約書

外国人入居者との契約において後日トラブルとならないようにするには、契約書は必ず日本語のものを使用することです。
これは解釈の違いなどからトラブルとなる場合があるからです。
一方で英訳など他国語に訳したしたものを作成しておくと便利です。ただしその場合には、あくまでも契約書の有効性は日本語の契約書にあることを入居者に必ず説明しておくようにします。

トラックバック一覧

コメント一覧