記事一覧

原状回復に際しての貸主と借主の負担割合

■貸主の負担分
設備などを最新のものと取り替える(グレ-ドアップ)費用(例えば、浴槽・給湯器・キッチン・トイレの取替えなど)
経年変化、通常損耗(例えば、家具によるへこみ・冷蔵庫後ろの黒ずみ・クロスの変色・畳の変色など)
■借主の負担分
故意や過失による損耗(例えば、引越しの際の引っかき傷・椅子等による床のキズ・ベットによるキズ・深くうちこんだくぎ穴やねじ穴など)
善管注意義務違反(例えば、通常以上に汚れた換気扇・床のシミ・結露を放置したことによる拡大したカビなど)

ただし特別な約束事(特約)がある場合には、そのことが優先されます。

敷金は全額戻るのか

敷金は契約を担保する為に預け入れるものですので、原則として返還されます。
ただし家賃の滞納や過失で汚損破損をさせた場合には、その回復費用に充当され、その差額が返還されます。