記事一覧

遺言と相続のはなし(12)

成年後見制度って・・・?
成年後見制度にはあらかじめ本人が将来に備えて後見人を決める「任意後見」と認知症等により通常より判断能力が低下した後に後見人を選任する「法定後見」があります。
さらに法定後見には判断能力により細分化されています。

成年後見制度———›任意後見制度 —›元気なうちに自ら後見人を選んでおく
          ¦
           —›法定後見人制度—›補助—判断能力不十分
                       —›保佐—判断能力著しく不十分
                       —›後見—判断能力欠く状態

こんな場合にこの制度を活用しましょう
・今は元気だが今後認知症などが心配
・詐欺や悪徳商法から財産を守りたい
・子や親戚、他人に自分の預貯金等に手をつけられたくない
・知的障害を持つ子供の将来が心配
・認知症の親が心配

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
削除キー