記事一覧

遺留分

遺留分とは、相続人に保障された最低限の権利のことです。
例えば、遺言者が「全財産をアカの他人の○○さんに譲る」という遺言を残したとして、これがそのまま実現された場合、残された妻や子が困窮した生活を強いられる可能性があります。民法では遺言による財産処分を認めながらも相続人(兄弟姉妹を除く)の取り分を一定額確保できるようにしてあります。これを遺留分といいます。
遺留分は原則として法定相続分の2分の1となります。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
削除キー