記事一覧

容積率

容積率とは、敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合をいいます。
例えば、容積率200%の場合、敷地面積160m2(約50坪)とすると、建築可能延べ床面積は320m2(約97坪)となります。
ただし敷地前面道路の幅員が12m未満の場合には、道路幅員による計算値と比べて小さい方の数値を容積率とします。
住居系地域(第一種低層住居専用地域~準住居地域)では、前面道路(m)×0.4として計算されます(商業および工業系では0.6です)。
住居系敷地で前面道路の幅員が4mとすると4m×0.4=1.6となり容積率は160%となります。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.landlord.jp/blog/diary-tb.cgi/27

トラックバック一覧