記事一覧

一般媒介・専任媒介・専属専任媒介との違いは?

土地や建物を売りたい人、買いたい人(貸借も含む)から依頼を受けて、取引の手助けをするのが宅建業者ですが、このとき取引の手助けを依頼した者と宅建業者との間で結ぶ契約を媒介契約といいます。
その媒介契約には、「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」の3種類があります。
その違いについては次のとおりです・・・

一般媒介
依頼主は、他の宅建業者に重ねて売買、代理、貸借を依頼することができます。
同じ物件をいくつかの宅建業者が仲介物件として取り扱うことになります。

専任媒介
依頼できる宅建業者は一社だけとなっており、他の宅建業者に重ねて依頼することはできません。
ただし依頼人が自ら探し出してきた相手方とは取引することができます。
契約の有効期間は3か月以内と定められ、契約締結の日から7日以内に指定流通機構(レインズ)に物件を登録する必要があり、宅建業者は取引状況を2週間に1回以上、依頼人に報告をしなければなりません。

専属専任媒介
依頼主は依頼した宅建業者の相手方とのみ取引ができ、依頼主が自ら相手方を探して取引することは禁じられています。
契約の有効期間は3か月以内ですが、依頼人に対する取引状況の報告は1週間に1回以上となっています。
宅建業者は、契約締結の日から5日以内に指定流通機構に物件を登録しなければなりません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.landlord.jp/blog/diary-tb.cgi/42

トラックバック一覧