記事一覧

住宅品質確保促進法とは

新築住宅の基礎や柱、梁などの構造上の主要部分と屋根や外壁から雨水が浸入することを防止すべき部分から、瑕疵が見つかった場合に、購入後10年間は保証する義務を売主に負わせた法律です。
ただし、築後1年以上の未入居物件や中古物件は対象外となります。
なお正式には「住宅の品質確保の促進等に関する法律」といい、「住宅品質確保法」・「品確法」などとも略されます。
詳細は国土交通省のホームページ内での解説をご覧ください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.landlord.jp/blog/diary-tb.cgi/44

トラックバック一覧