記事一覧

相続と遺言のはなし(5)

相続手続きに必ず必要になる書類が「故人の戸籍謄本」です。
生まれたときから死亡時までのものがすべて必要となります。
これは「相続人」を確定するためなのですが、この書類を自分たちで集めようとすると大変な作業となることがあります。料金はかかりますが弁護士、行政書士、司法書士などの専門家にお願いするのが一番早く確実な手段です。というのは、「除籍謄本」「改製原戸籍(かいせいげんこせき・かいせいはらこせき)」が別途必要になる場合が多からです。
それぞれの手続きには期日があり、期日を過ぎると手続きができなくなる場合もあります。相続する財産を分割する場合には総額から必要経費分をあらかじめ差し引いておくとよいと思います。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.landlord.jp/blog/diary-tb.cgi/89

トラックバック一覧