記事一覧

未成年者の賃貸借契約

問題 未成年者でも部屋を借りることができるのでしょうか?
回答は、未成年者との建物賃貸借契約は成約することができるです。
ただし、法定代理人(通常は親権のある父母)の同意を得てない場合には取り消されるケ-スもあります。
この場合は親を連帯保証人に立てることにより法定代理人の同意を得ているとみなすことができます。

仲介業者に預けた「預かり金」は返還されるのか

新婚世帯用のアパ-トを探していた借主は、仲介業者を通じて物件を案内され、比較的気に入った部屋があったのでその旨業者に話したところ、物件を押さえる必要があるので賃料の1か月の「預かり金」を置いていってほしいと言われ、持合せがあったので業者に預けた。
翌日、婚約者と相談したところ、日当たりが悪いので止めることになり、業者に預かり金を返還してほしいと申し出た。ところが、仲介業者は貸主の承諾を得ており、預かり金は手付金に替わったので返還できないと返還を拒んだ。

預かり金の返還を拒む行為は禁止事項であり、業法第47条の2項、3項に基づいて国土交通省令で次のように規定されています。
業法施行規則第16条の12
〔宅地建物取引業者の相手方等が契約の申込みの撤回を行うに際し、既に受領した預かり金を返還することを拒むこと〕
行政庁に相談すれば、仲介業者は預かり金を返還するよう指導されます。

定期借家権は更新できないのか

定期借家権には更新という概念はありません。賃貸借は期間の満了により終了するものであり、賃借人は建物を明け渡ししなればなりません。
しかし、貸主と借主が合意できれば継続することは可能です。定期借家権には更新という制度はなく、新規に契約を締結することになります。

ページ移動