仲介手数料ゼロ・礼金ゼロ・更新料ゼロの物件、ファイミリータイプの賃貸住宅なら都民住宅

らんどろーど〜 直接取引・都民住宅・賃貸アパート・マンション・無料相談 〜

事業承継 中小企業M&Aの世界


M&Aでの事業承継の方法

株式譲渡

オーナー所有の株式を買手企業へ売却し、経営権を譲渡する方法で、中小企業のM&Aでは多く行われています。

合併

中小企業のM&Aではあまり行われていません。吸収合併と新設合併があります。

事業譲渡

会社の事業資産の一部または全部を買手企業に譲渡する方法です。この場合、会社は存続します。

会社分割

会社を事業部門ごとに分割し、新設法人または既存法人に事業を引き継がせる方法で、新設分割と吸収分割があります。

新株引受

株主以外の者に新株を引き受けてもらう第三者割当て増資という方法です。資金繰り改善などのM&Aの場合有力な方法です。

不動産所有の法人売却

創業して50年〜100年の未上場法人が抱える問題点

不動産所有の法人売却(概略図)

□株価が高く、株主の相続税の支払いに問題がある。
□株主が多数で今後売却、担保などの意思決定が難しくなる。
□一等地の不動産を所有している。簿価は低いため、不動産で売買すると税金が高い。
□業種が時代の流れに合わず、事務所、工場を別な形で有効活用したい。
□本業と不動産側で分社したい。

Copyright© since 2005 Landlord Association, Inc. All Right Reserved.